2010年9月4日土曜日

NHK解約

20100903_183156
写真は今日(あ、もう昨日だ…以下同)の富士山と夕焼け雲。

さて、今日、NHKが受信料滞納者に初の財産差し押さえ強制執行だそうで。
そんな中、実は我が家は先月からNHKと揉めていまして、解約手続きをしていました。

ことの始まりは7月31日。
NHKの営業?がやってきて、衛星契約分も払えと。
まぁ、仕方ないかと払うことにしましたが、契約は7月31日からにしてくれと。
はぁ? 1日で1か月分の契約ですか?
そりゃ無理無理。8月1日からの契約にすることを約束させて契約変更。
無理やり契約を結んで逃げるように去っていった(奥さん 談)

ところが!
契約は7月31日からになっており、7月分も徴収されるように契約されてた!?
NHKのコールセンターに電話し、どういうことかと問い詰めたところ、
神奈川西の営業に再度訪問させますと。

8月1日19時、神奈川西の営業から電話が。
その人が言うには、「私のところにメモがあったので電話した」。
電話じゃなくて訪問することになってただろうが!
それもなんでこんなメシ時に電話してくるんだ、常識知らずめ!
奥さんが30分以上対応していたが、キリがないので、
8月3日の18時以降に再度連絡してくれと伝えて電話を切る。

8月3日、連絡なし。
以降ずっと連絡なし。

そのうち、受信料引き落とし日の8月26日を迎えてしまいました…
契約させるだけさせて会話もさせずに逃げ切りかよ!

頭来たので解約の手続きをしようと考え、「NHK 解約」でググってみると、
情報はたくさんあるけど、みんな解約にかなりてこずっている様子。
そもそも、NHKのホームページには、新規契約、住所変更、契約変更などの方法は
親切に書いてあるのに解約なんてどこにも書いてない。
はっはー、NHKは解約させない作戦なんですね。

おいらはそれでも解約しまっせー!

50円はがきで受信機器の廃止届を送りつける、
ランランルーな方法は最近はNHKが無視するらしいので、正規なルートで解約の方向へ。
正規なルートで解約するには、受像機を廃止すること。
  • テレビが壊れる
  • テレビは捨てる
  • テレビを譲る
に加え、
  • テレビが見えない状態にする
ってのもありです。
放送法の言葉を素直に読むとアンテナ線を抜いておくでもいいはずです。
ただし、NHKはなかなかそれで解約を認めようとしないようです。
んじゃ、家からテレビを退けてしまおう!

8月29日、NHKコールセンターへ電話し、8月28日に廃止状態になったことを伝えました。
解約はコールセンターではできないので、神奈川西から連絡させますと言われ。。。
また神奈川西かよ!信用ならないんだよなぁ…。
まぁ、神奈川西営業所が動き出す翌日を待ってみる。
おぉ、今度はちゃんと電話来た。
解約にはやはり訪問+廃止状態の確認が必要だと言われます。
NHKには家宅捜索ができる権利なんてないので、それを拒否したらどうなる?
に対しては、解約できませんと。
あくまでもお客様の同意のもとの訪問+確認ですと言い張る。
解約できないんじゃ訪問させるしかないじゃん!
日にちを決めたらもう一度神奈川西営業所に連絡すると伝えましたよ。

9月1日、神奈川西営業所の同じ人を電話に呼び出したけど、席を外していると。
携帯に折り返し電話をくださいと言ったのに、家に電話するNHK。
まぁ、NHKのレベルってそんなもんか。
9月3日19時に訪問の約束を取り付けたのでした~。
ちなみに、知らない人が何を(確認)するのかも分からないのに
家にあげるのは怖いと訴えましたが、詳細に何をするかは教えてくれませんでした。

で、今日。
夕飯を急いで食べ、19時を待ってみる。
来ないじゃないか!次女と二人で待っても待っても来ない。
NHK、なに考えてんだ!
結局20時を過ぎたところでNHKコールセンターへ電話。
約束したのにこねーぞ!!!
至急神奈川西に連絡を取り、30分以内に電話しますと。
15分後、神奈川西から電話がちゃんと来ました。
携帯電話に留守電を入れていましたと。携帯切ってるから知らん!
今から向かいますのでもう少しお待ちくださいって言われたところで気付く。
あれ?この人、どこから来るんだろ? 海老名! 海老名ですか。
さらに1時間でも待ちますか。

22時ごろようやく到着したのはずいぶん若そうなNHK職員。
一緒に待っていた次女は風呂に入り、すでにベッドですっかり夢の中です。
まず、名刺くださいって言ったら、急いでいたので忘れてきました…^^;
どこをどれだけ確認されるんだろう?と思っていたら、
廊下に沿った部屋をすぅ~っと見て、最奥のリビングに残されたテレビ台を指し、
「ここにテレビがあったんですね。ほかに受像設備はありませんか?」
おいら「ありません!(きっぱり)」。
それではと取り出したのは廃止届(解約届)。あら、ずいぶんあっさりね。
もっと家宅捜索並みにいろいろ訊かれると思ったのに。

終~了~。
最後に、解約が完了したら連絡してねって言っておきました。

で、どうなるかというと…
解約を申し出たのが8月29日なので、この日が基点となります。
解約を申し出た前月までを請求、当月は返金なので、つまり…
衛星契約はやっぱり一ヶ月分払うことに…うーん、無念。
4 Responses
  1. nawo Says:

    NHKさんは確かにいい話は私のまわりでは聞きませんねえ。。

    私も契約自体が無い人なので、あまりえらそうなことは決して言えませんけども(汗)

    パソコンのモニタは数あれど、通常のテレビはございませんーということで、いつもお引取りいただいております。

    以前には一度、テレビ無いのを確認してもらってるのにもかかわらず、あやうく契約させられそうになったりしましたけども(汗)

    あれも人によって対応も全然違いますねえ。

    これから先はテレビに限る状態じゃなくなるでしょうし、どうなっていくんですかねえ。

    強制執行だなんて、穏やかぢゃありませんが・・・・

    なんにしても戦い乙でございましたー


  2. よいはる Says:

    nawo さん

    いまだNHKから解約完了の通知が届きません。
    訪問に来た方の名刺も。
    うーん、いまいちですねぇ。

    今回も聞かれましたよ。
    ワンセグが見れるケータイはないか、カーナビでテレビは見れないか、など。
    家で電波入らないワンセグケータイ持っていてもきっと解約させてもらえなさそうです…


  3. ミニ Says:

    なんかNHKって、ヒドイですねー!
    まるで詐欺じゃないですか?
    よく、消費者センターに相談して・・・って話を聞きますけど
    こういうのはどうにもならないんでしょうかね?
    TVや新聞に投稿するとか、なんか全国民にNHKの詐欺行為を知ってほしくなりますね!

    あと、口座引き落とし廃止手続きはしてますか?
    放置されて口座から引かれたら困るので
    金融機関に廃止届けを出しておきましょう!


  4. よいはる Says:

    ミニ さん

    おいらもこれほどまで解約させないようになっているとは思いませんでした。
    ちょうどコメントをいただいた9月8日にNHKから「解約の手続きが完了したので、前払い分を口座に振り込みます」との連絡がありました。
    と同時に、確認に来た方の名刺も先日届きました。
    NHK本体と委託先会社の差なのか、ずいぶんと対応がはっきりくっきり分かれているなぁという印象ですね。



(C) よいはる 2009-2012